循環器臨床作業療法研究会 


  201812月に「脳卒中・循環器病対策基本法」が成立しました.同法の基本理念は生活習慣の改善などにより循環器病の予防と循環器病患者に対して迅速な搬送と適切な治療を行える医療体制を,地域によらず整備することとされています.一方,心臓リハビリテーション(心リハ)も生活習慣の改善による心疾患の発症予防や再発予防を図り,ひいては患者のQOLや生命予後の改善を目的としており,同法と合致しています.この心リハにおいて作業療法士の参画は平成26年の診療報酬改定で作業療法士による心大血管疾患リハビリテーション料の保険請求が可能となって以降,年々増加傾向にあり今後も増え続けることが予想されます.心リハは多職種による多面的な介入を基本としており,作業療法士が当該分野で必要とされる存在であり続けるためには作業療法のエビデンスを集積し,公開してゆくことが肝要です.

循環器臨床作業療法研究会では,心大血管疾患に携わる作業療法士に多くの情報を発信し,心リハ分野における作業療法士の活躍を手助けできることを目的としています. 


第1回 西日本循環器臨床作業療法研修

日時:2019年8月11日 10:00~16:30(受付開始 9:30~)

会場:関西電力病院 講堂3階

定員:100名

対象:作業療法士(他職種もOK)

参加費:循環器臨床作業療法研究会会員5000円(非会員7000円)

 

ダウンロード
第1回西日本循環器作業療法研修会.pdf
PDFファイル 434.9 KB

 

第一部  「すぐに臨床で役立つ循環器の基礎」

  10:00~10:30 総論            群馬県立心臓血管センター 生須義久先生

  10:35~11:05 心電図検査         福山市民病院       三田隆之先生

  11:10~11:40 生化学検査         名古屋大学        吉田彬人先生

  11:45~12:15 心臓超音波検査       心臓病センター榊原病院  内藤喜隆先生

  11:45~12:15 心臓血管外科術後リスク管理 関西電力病院     児島範明先生 

 

  12:15~13:15 昼休憩

 

第二部  13:50~14:10「急性期から在宅に繋げる作業療法の実践」

                           座長:群馬県立心臓血管センター   生須義久先生

     ~心臓血管外科患者を中心に~         心臓病センター榊原病院  内藤喜隆先生

    ~心不全患者を中心に~            広島大学病院      塩田繁人先生

 

招待講演 14:15~15:05「在宅における循環器作業療法」 

                                訪問看護ステーション花あかり     村井達彦先生

 

      15:10~15:50 ディスカッション

      15:50~           終わりに

     

 

 


申し込みフォーム

メールにて下記を入力して送信して下さい

 

 ①氏名

 ②職種

 ③心リハ指導士有無

 ④心リハ歴

 ⑤施設名

 ⑥分野(急性期・回復期・維持期・訪問)

 ⑦循環器臨床作業療法研究会会員有無

 

E-mail:cardiac_ot_west@yahoo.ne.jp